どんなシミも目立つ前から予防が肝心!

シミの対策といえば、紫外線対策や美白化粧品などがありますが、シミにもいくつか種類があるので、自分のシミの原因を理解して、対策することが大切です。そこで、今回は、シミの種類や対策についてご紹介します。

シミの種類と原因

シミの中でもっとも一般的なのが、老人性色素斑です。紫外線が原因でメラニンが大量につくられることによって、加齢による皮膚の老化とともに現れるもので、通常40歳前後から目立ち始めます。

症状としては、数mm程度の丸い色素斑で、顔の骨格の高いところにできやすく、最初は薄い茶色ですが、だんだん黒っぽくなり、シミの境界がはっきりしてくるのが特徴です。また、顔以外にも、腕、肩、デコルテ、手の甲などにできやすいとされています。

ほかにも、シミには、対称性真皮メラノサイトーシス(ADM)、炎症性色素沈着、そばかす、肝斑、脂漏性角化症があります。これらの多くのシミは、紫外線が原因と考えられていますが、ホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアなど、原因が紫外線以外の場合もあります。

老人性色素斑の対策

老人性色素斑は、紫外線対策と美白化粧品による対策が基本です。

まずは、シミを作らないように、日焼け止めや日傘などさまざまな手段で、日頃から紫外線対策をしっかり行いましょう。日焼け止めは、大きく分けると紫外線吸収剤と紫外線散乱剤がありますが、エイジングケア世代には、紫外線散乱剤だけで作ったノンケミカルなタイプが肌に優しくおすすめです。

そして、紫外線対策とあわせて、美白化粧品による老人性色素斑の予防対策を行いましょう。

美白化粧品を活用することで、ある程度メラニン色素の生成を抑えることができます。美白化粧品に配合されるメラニン生成抑制作用のある成分として、ビタミンC誘導体やナイアシンアミド、プラセンタエキスなどがあります。ただし、美白化粧品は、できたシミを消すものでなくあくまで予防がその役割です。

また、ターンオーバーを正常化することで、メラニンの蓄積を防ぐことができ、老人性色素斑の予防になります。

そのため、優しい洗顔で肌を清潔に保つことや、しっかり保湿を行うことも大切です。ナールスゲンやネオダールなどのエイジングケア化粧品成分が配合された化粧品であれば、保湿とともにエイジングケアもできるのでおすすめです。

ナールスゲンは、保湿効果とともにヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、HSP47、老人性色素斑などのシミを防ぐ HSP70、抗酸化物質グルタチオンを増やし、紫外線ダメージによる光老化を抑えます。また、ネオダーミルは、Ⅰ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン、エラスチンを増やします。これらは、美白成分ではありませんが、日常的な老人性色素斑のケアも期待できます。

さらに、リンパ管ケア成分のキュアパッションやビタミンA・C・E誘導体を配合したエイジングケア化粧品などによる紫外線のビフォーケア、アフターケアもおすすめです。

おすすめの日焼け止め「ナールスヴェール」は、ノンケミカルで肌に優しい化粧下地ですが、強い紫外線もしっかり防ぎます。

また、エイジングケア化粧水「ナールスピュア」、エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」、バイオセルロースマスク「ナールスリジェパーフェクトマスク」は、高保湿成分配合でしっかり保湿できるので、ターンオーバーの正常化に役立ちます。

さらに、抗酸化作用のあるナールスゲンやビタミンA・C・E誘導体などのエイジングケア化粧品成分も配合しており、紫外線のアフターケアにもおすすめです。

まとめ

多くのシミは紫外線が影響しています。シミが濃く目立ってきてから消すことはとても難しいので、若いうちから紫外線対策やターンオーバー正常化のためのエイジングケアを心がけ、上手に美白化粧品を使ったり、健康を意識した日常生活を送って、シミの予防をしましょう。